アパートを取り壊すから引越してくれ

私が憧れていたシチュエーションの1つに、「ボロアパートで暮らしていたらある日突然大家さんから『このアパートを取り壊すことになったから退去してくれ』と言われて引っ越すことになる」というものがありました。

実際にそんなことが自分の身に起こるとは思えなかったので、そういう妄想をして楽しんでいただけでした。しかし数年前、なんとそのシチュエーションが実現したのです。まさに突然大家さんが部屋に来て、「築30年を越えたので申し訳ないけど早めに引越してください」と言われました。

私は平静を装って神妙な顔で話を聞きましたが、憧れが実現して内心大喜びでした。
それから慌ただしい毎日が始まりました。急に決まった引越しなので大変でしたが、新居を決めたりいろいろな手続きをしたり荷造りをしたり…けっこう楽しかったです。

退去するときは、長年住んだアパートがもうなくなってしまうと思うととても寂しい気持ちになりました。マンションに引越した今でもあのアパートのことをときどき思い出します。

単身パック 東京 仙台