審査が甘ければいいのに

ブラックリストから先日抜けたのを確認したので銀行でカードを作ろうとしたら落ちてしまいました。やっぱり信用度の高い会社のカードはすぐに作るのは難しいのかな。

ブラックリスト入りしてしまった場合、そのサマリーがどれだけの期間残るかが気になるサロンでしょうがこれはブラックリスト入りした理由や信用情報開示請求機構によっても違いがあります。

個人信用情報開示請求機構は日本には3つあり、和風信用情報開示請求体系(JICC)、我が国銀行個人信用情報開示請求真ん中(KSC)、コーポレイトシステムシー・アイ・シー(CIC)がありそれぞれが共にサマリーを共用しあっている。

ただ、サマリーを記録して掛かる期間は仲間違う。

ブラックリストはないんですね。

信用情報開示請求機構を知らない人が多いようですが、カードやローンを契約するときに取り引き書にどのこ信用情報開示請求機構にサマリー提供すると必ず書いています。

頂点恐ろしいのは銀行系の我が国銀行個人信用情報開示請求真ん中で破産をした場合には10時、任意整理、代位返納、延滞があった時折5時記録されることになります。

CICは多くがクレジットカード系の信用情報開示請求機構ですが、破産の場合には7時、任意整理、延滞の場合には5時録画が残ります。

そうした知識は債務整理でブラックリストに載る期間についての受け売りです。

和風信用情報開示請求体系(JICC)では、強要廃止、破産、任意整理は5時ですが延滞の場合には1時で録画が抹消されるのでJICCで延滞を通してしまってブラックリスト入りした場合には以外と比べると早い段階で回復することができます。

それに加えてそれほど覚えておきたいのはこれらのサマリーが失せるのは、災害の帳消しから仲間歳月が経過する必要があるので例えば延滞をしている実情が伝わるのであれば、延滞を解消しない以上は思う存分ブラックリストから抜け出すことができません。

歳月がたてばサマリーが削除達するということではありませんので注意が必要です。

なので正しく皆済してからの期間となりますので敢然と解決しないといけませんね。