シャドーイングによる英語学習

シャドーイングという英語の学習法をご存知だろうか。

ネイティブの方が言ったことを、すぐあとを追うように、同じように発音する学習法だ。
これに関しては、非常に効果があると聞いてる。
後を追って発音するということは、その単語単語が聞き取れていなければ、つなげて発音することができない。
単語が聞き取れるということは、意味が分かるということであり、それを続けることによって、自然と英語が身につくのだ。

しかし、これには弱点がある。
それは、もともとある程度英語ができる人でなければできない、ということだ。
例えば、英語がほとんどできない人がシャドーイングをしようとすればどうなるだろうか。
確実に、意味も分からず、後を追うことで精いっぱいになる。
それどころか、後を追うことすら難しくなるだろう。
実は私がそうなのだが。

シャドーイングをすると、英語が聞き取れるようになり、英語の発音がよくなるときいた。
そして実際にやってみた。…だめだった。

すでに英語がある程度できる人でなければシャドーイングはできないのだろう。
しかし、英語ができる人にとっては素晴らしい勉強法なのかもしれない。

私はどちらかというと、ALUGOのような勉強法があっているのかもしれない。
ALUGOは、実践型の英会話だ。
実際にネイティブと英語で話す。
こちらもある程度英語ができないと無理じゃないかと思われるかもしれないが、そんなことはない。
ALUGOは、こちらが理解できる程度の英語で話してくれるのだ。
シャドーイングではできないことだ。

英語の学習方法はたくさんある。
どの学習方法を選ぶのか。それはあなた次第となる。