引越しのコツ

夫の仕事の関係で、今までに10回以上の引越しを経験しています。自慢出来る事といえば、
荷物を見て、凡そ段ボール何箱程度と予想がつく事ぐらいで、何の取り柄にもなりません。

最近では、段ボールを見ると吐き気を催す程、引越し嫌いになっている事も事実です。しかし引越しは、しなくてはいけないわけで、コツといえば、引越しが決まった瞬間から、一日一か所を片付ける、一日一つのごみを捨てる等々、長期戦でのお片付け作戦を始めます。
そういう事の積み重ねが、最終的には、引越しの最後の修羅場をうまく切り抜けられると経験上学びました。引越しというのは、家中にある荷物をしっかり頭の中に叩き込み把握して、新しい土地での新生活に、必要か必要でないかを判断する事です。その選択ができれば、引越しの半分は終わったも同然です。

しかしながら、それが簡単そうに見えて、一番難しい作業である事も事実です。必要な場合は問題ありませんが、それほど必要でもないけど、捨てるほどでもないというボーダーラインの物への判断が難しいわけです。その潔さがあるかないかで、引越し荷物の増減にも響いてくるからです。引越しは、出来る事なら、したくないものです。

http://www.houseofliterature.com/