アルコールは睡眠にどういった影響があるの?

お酒を飲んでほろ酔いになって、そのまま眠ってしまったことが
ありませんか?私もありますが、そのとき夜しっかり眠れたかと
いうと意外とそうでもなかったりします。そこで、アルコールが
睡眠にどのような影響を与えるのか調べてみました。

アルコールは鎮静効果や睡眠を促進する効果があると言われていますが
人の身体は摂取したアルコールの量に順応するのが早いので、その効果
はおなじように表れません。

寝酒などを例にあげるとわかりやすかと思うのですが、最初は缶ビール
1本でも眠気が襲ってきたのに、すぐに眠れなくなって2本、3本と
増えてしまう・・・だんだんとお酒がないと眠れなくなる

これって怖い症状ですよね。そう、アルコール依存症です。

良い睡眠とは浅い眠りと深い眠りが交互に訪れること。
深酒をしてしまうと、アルコールを分解するために身体は活発な状態になり
深い眠りが減少してしまいます。

浅い眠るばかり続くと、脳や身体はしっかり休息できず、朝起きてもだるさや
疲れが残ってしまうんですね。

アルコールが絶対だめというわけではありませんが、適量飲むことを
心掛けることが大切ですね。

快眠りずむの詳細はコチラ