【足爪奮戦記】やっとにごり爪にいい商品が見つかった

足の爪がにごり始めてからもう10年が経とうとしていました。その間、いろいろな商品を使ってみたり、諦めてみたりとそんな時間を過ごしてきましたが、やっといい商品に巡り合えました。

私の足の爪がにごり始める前、指の間には水虫ができていました。とにかくかゆみと汁が酷かったのですが、市販の水虫薬を毎日塗ったおかげで完治しました。それが原因かどうかは分かりませんが、時を同じくして私の爪はにごり始めていたのです。最初は何かにぶつけておかしくなったのかなと思っていましたが、爪が生え変わる半年経ってもにごったまま。それどころか、その指の爪だけ全体が白くにごり、形までいびつになってしまったのです。

水虫が原因かなと思い、指に使っていた水虫薬を塗り続けましたがいっこうに改善されません。皮膚科に行こうかとも思いましたが、爪が濁っても別に痛みやかゆみを感じるわけでもなく、ただ見た目が悪いだけなので、市販のネイルケア用品を使ったり、新しく発売された水虫薬を使ったりしていました。でも何の変化もないので放っておく時期も長かったです。人に見られないようにだけ気をつけていました。

でもある時、この爪の濁りは放置しておくと良くないというブログを見かけたのです。他の爪にもうつったり、悪化すると爪がポロッと取れて歩くのが困難になったりすることもあるそうです。仮に爪水虫だったとすると、そのリスクはさらに上がりますし、家族にも感染させる可能性が出てきます。

焦りましたが、市販の水虫薬やネイルケア用品は爪の中まで浸透しないので効果がないのだとか。だから頑張って塗っても良くならないそうです。そこで通販の商品で爪の中まで浸透するものがないかを探しました。そこで見つけたのがクリアネイルショットという商品です。

この商品は医薬品ではないですが、殺菌作用のある成分、爪を保護する成分、綺麗な爪を成長させる成分が含まれています。爪を綺麗に成長させる成分のオールインワンのような商品でした。そこで早速取り寄せて塗ってみたところ、1か月ほどで爪の中に綺麗な部分が現れました。その後3か月ほど塗ると、綺麗な部分の面積が明らかに増え、半年ほどでほぼ全体が綺麗な爪で覆いつくされるようになりました。

爪の悩みはまず皮膚科に行くのが最も手っ取り早いと思います。最初からそうすれば10年もかからないうちに綺麗な爪になっていたかもしれません。皮膚科では爪の一部を削り、顕微鏡で検査をするそうです。その中に菌がいるかどうかを判断して、その症状に合った薬が処方されます。もし、病院に行く時間がある人は皮膚科をおすすめします。もし病院に行けないようならクリアネイルショットを試してみるといいかもしれません。

念のため、あと半年塗り続けてみようと思います。