美容と医療は全く違うもの

美容と医療は全く違うものであるということを理解することによって、美しさを保っていくということができます。

もし皮膚が平均的なレベルに達していない場合、そのレベルにまで持っていくのが医療の役割といえます。平均的な値ビンタしている羽田があってそれをさらに美しく高めて行こうとするのが美容ということができるでしょう。ですから平均レベル以下の場合には寄付は病気であるということができます。医学的な観点からすると治療が必要ということができます。しかし多くの女性はその病気の状態であったとしても、美容で対処しようとします。こういう場合むやみに化粧品を乱用しますと書いて皮膚の病気を悪化させ、美しくなろうとして行った美容がやがて逆の効果を生むということにもなってしまいます。肌の美しさを考えるに当たってはまず最初にそのことを強く強調しておかなければなりません。つまり医療と美容は全く違うものであるということです。マジカルシェリー