保険会社ってどうやって儲けるのか

保険会社ってどうやって儲けるのでしょうか。
保険会社って、掛け主が保険内容の病気や災害にあったらお金を支払います。

保険によって掛け捨てもあれば、そうでないものあります。
掛金を支払っては保険会社って儲かりませんよね。
一体どうやって利益を出しても儲けているのでしょうか。

保険といっても色々な種類がありますのでコレだけで儲けているということではなく、様々な理由で利益が出ています。

例えば、ある災害に関する保険があるとします。
それに加入している人全員がその災害に遭う可能性は低いです。
その災害に遭った人に保険金を支払っても、災害にあっていない人には保険金は支払っていませんので、その差で利益が生じます。
例えば、保険料が1000円で10人がその災害の保険に加入した場合、合計で保険料は10000円です。
災害に遭った人が2人いたと想定したら、支払える保険料は一人当たり5000円ということになります。
しかし想定に反して被害に遇った人は一人しかいないと想定していたもう一人に5000円は支払いませんので、利益となります。

他に、保険会社は保険料を預かって金庫にしまっているわけではありません。
運用をしています。
運用して成功すればそれが利益となります。

保険会社は民間企業ですからコストを削減するなどして経営努力をしているのが利益に繋がっていることもあります。

いずれにせよ、たくさんの要因で保険会社は利益を出しているので、きちんと保険金を支払ってくれるのですね。

火災保険の見積もりがとれるサービス