水道水の残留塩素をシャワーで浴びても大丈夫なの?

残留塩素には、遊離残留塩素(ゆうりざんりゅうえんそ)と結合残留塩素(けつごうざんりゅうえんそ)の2種類あります。

この2つを合わせて残留塩素、または、全残留塩素と呼んでいます。

塩素は、水道水やプールの水などの殺菌と消毒に使われます。

法律では、遊離残留塩素濃度として0.1mg/L以上(結合残留塩素濃度の場合は、0.4mg/L以上)を保持する必要があります。

1mg/L=1ppmですので、0.1ppm以上(結合残留塩素0.4ppm以上)ということです。

上限は定められていません。

ただし、プールの水は、1mg/Lを上限としています。

でも、塩素のニオイがイヤですよね。

「カルキくさい」と言うことがありますが、カルキは塩素を含んだ石灰のことです。

石灰は白いですので、水道水をコップにいれて白く濁った場合、飲んでもだいじょうぶかと思ってしまいます。

ただ、白く濁るのは、水道水を勢いよく入れると空気を吸い込み、細かい泡となって濁ったように見えるのが原因のようです。

しばらくしてコップの下から透明になってくるなら空気のせいで濁っているのだそうです。

さて、残留塩素を含んだ水をシャワーで浴びても大丈夫なのでしょうか。

調べてみると、アトピーの人が、プールに入ると悪化するということがあるようです。

また、残留塩素が髪の毛にも影響し、髪がきしむということが起こる人がいます。

そして、塩素除去シャワーヘッドに変えると、アトピーがおさまったり、髪がきしむこともなくなるようです。

ですので、この事実を知っている人は、シャワーヘッドを塩素除去タイプに交換しています。

シャワーヘッドを塩素除去タイプに交換したところ、アトピーがひどくなることがなくなったという複数に人からの口コミがあります。

アトピー以外では、髪の毛のきしみがなくなったという口コミや肌荒れが改善されたといった口コミもあります。