日焼けをしないようにする方法

これから夏になっていき、日差しは日に日に強くなっていくこの時期。今となっては日焼けは男女問わず気になさる方も多いのではないでしょうか?極度の日焼けは後になって皮膚ガンの原因になるとも言われ、恐ろしいものです。今回は日焼けを最小限に抑える方法についてまとめます。
 まず、長時間の外出を控える。一日中ひきこもるのも良くないですが、日差しが強い時はできるだけ外出を控えましょう。
 日焼け止めはこまめに塗る。日焼け止めをたくさん塗ると、効果がありそうな気分になってしまいますが、気温の高い時は汗で流れ落ちてしまうそうです。なので、少量を30分から1時間を目安にして塗り直すと日焼け止め効果がより高くなります。
 サングラスを使用する。人間というものは周囲の環境に適応する能力を持ち合わせております。目から強い光が習慣的に入ってくると、体はその対応策として皮膚の表面にメラニン色素を多めに配置して、有害な紫外線を皮膚の表面でブロックしようとします。ただし、これは美容にはいいと思いますが、健康に関しては逆効果になることもありますので目的に応じて使い分けてみてください。
シースリー 熊谷